美白クリームのおすすめは美白成分の効果をチェックして選びましょう!

おすすめの美白クリームは、薬用の美白成分が配合されているものです。

薬用化粧品は医薬部外品に分類されます。厚生労働省に認可された成分が配合されています。ですから薬用美白クリーム(医薬部外品)は、一般の美白クリームよりもシミやくすみを改善する効果が期待できるのです。

  • 美白クリームは美白効果によって選び方が違います!

◎肌のトーンをアップして全体的に肌が白くなりたい!顔全体や部分的に広い範囲くすみ肌を美白したい!

 

肌全体を白く美白したいあなたはこちら!

 

◎頬やコメカミにできてしまった今あるシミをピンポイントで消したい場合

 

今あるシミを消したいあなたはこちら

 

美白クリームを選ぶときは、厚生労働省が認めている薬用(医薬部外品)の美白成分が配合されているかをチェックしましょう。
  • ビタミンC誘導体
  • アルブチン
  • ルシノール
  • エラグ酸
  • プラセンタエキス
  • トラネキサム酸
  • リノール酸
  • コウジ酸
  • マグノリグナン
  • 4-メトキシサリチル酸カリウム塩
  • t-シクロアミノ酸誘導体

効果の現われ方には個人差があります。サンプルやトライアルセットで様子をみながら合うものを探しましょう。

美白クリームのおすすめ人気ランキング

ディセンシア サエル 薬用美白クリーム

 

 

サエルを使用した集中美白ケアでなんと10日間で肌の透明感を実感した人が87%も!敏感肌専用ブランドの美白クリームだから保湿力も高くて、ピリピリしたいりしみたりない!乾燥しない美白クリームです!
サエルの美白クリームは、黒くなったメラニンを白へ戻す独自の「ホワイトサイクルシステム」が特徴です!
肌にとってもやさしいのにしっかり美白できる人気No.1の美白クリームです。
今ならトライアルセットでお得に美白クリームを購入できますので、ぜひ公式ページをご覧ください♪

 

UVカットCCクリームが入ったサエルトライアルセット

 

そして紫外線対策にうれしいSPF50+ PA++++という最強のUVカット性能のサエルホワイトCCクリームも今だけ付いてきます。
紫外線吸収剤ゼロでこの性能は他に見たことありません。肌荒れしない日焼け止めを探してる方には嬉しい商品ですね!

 

 

 

ビーグレンの美白クリーム

 

ビーグレンの美白クリームはシミを消す成分として知られているハイドロキノンをQuSomeという技術でどの美白化粧品よりも効果的にシミに働かせることができます。
ビーグレンの美白成分は通常の10倍の浸透力、効果が現れる時間は従来の半分の時間に!しかも効率よく浸透させるため、少ない量で効果を発揮できるためお肌への負担が1/4に減少させることに成功しています。

 

ビーグレンは従来のハイドロキノンは肌にやや負担があるというデメリットを克服したシミを消す成分を配合した美白クリームです。
コメカミや頬など、顔の目立つ部分にできてしまったシミを消したい方に特におすすめの美白クリームです。

 

シミを消す美白クリームが入った美白ケアのトライアルセットは1,800円です。
約1週間のトライアルでお肌に刺激が無いハイドロキノンを試してください!
もし、気に入らなかったりした場合でも、365日以内なら返金してくれるので安心して試せます。

 

 

 

フジフイルム アスタリフトの美白クリームが試せるトライアル

 

アスタリフトの美白クリームは、松田聖子さん、松たか子さんのテレビCMで人気です。
安全で実績のある美白成分アルブチンを配合した薬用美白クリームをお試しできます。
1,000円でお試しできるトライアルセットにはアルブチン配合の薬用美白クリーム、ビタミンC誘導体配合の薬用美白化粧水と薬用美白美容液に加え紫外線をガードする日中用UVプロテクター(SPF50+ PA++++)も入っています。
美白化粧品は乾燥しやすいと言われていますが、アスタリフトは「赤のチカラのアスタキサンチン」「3種類のコラーゲン」で保湿とお肌のハリにこだわっているので心配無用です。

 

保湿でお肌のハリとうるおいを実感しながら透き通るような美白を目指せるアスタリフトの美白ライン♪
お手軽なトライアルセットで噂の赤組スキンケアを始めてみませんか?

 

 

 

 

 

ピンポイントのシミ消し?肌全体のトーンアップで色白を目指す?美白クリームは目的で選ぶ!

美白クリームは目的によって成分が異なります。選び方を間違えて効果が半減してしまわないよう気をつけましょう。

 

シミ予防、顔全体のくすみや広範囲のシミに合う美白クリーム

シミを予防したりお肌全体を白くしたい薬用の美白成分が配合されている美白クリームがおすすめです。
メラニン色素に変換するチシロナーゼの働きを抑えるアルブチン、ビタミンC誘導体は代表的な美白有効成分です。
お肌全体を白くして透明感を出したいなら迷わずここから選んで!!保湿ケアもバッチリです!
肌のトーンを上げたい!くすみを消して白い肌になりたい!

 

できてしまったシミを薄くする美白クリーム

トレチノイン、ハイドロキノンは認可はされていませんが高い美白成分で知られています。
よりシミを薄くする効果が期待できる高濃度のトレチノイン、ハイドロキノンの美白クリームは美容皮膚科で処方してもらうことができますが、美白化粧品の中でも、ピンポイントのシミを消すためにハイドロキノンを配合した美白クリームがありとても人気です。
気になるシミだけを狙い撃ちで薄くできるのがポイントです。

 

★シミを消す成分の美白クリームが入ったトライアルセットを試してみては?
[b.glen]ハイドロキノンでシミを消す

 

 

美白すると乾燥が気になる人 ピンポイントのシミ・くすみ対策をしたい人

美白もしたいけど乾燥も気になる・・そして肌がちょっと敏感肌かも?という人は効果のある美白成分でもお肌の奥に入っていきません。でも保湿ケアを同時に行う敏感肌用美白クリームなら潤いのあるお肌と美白効果を同時に引き出すことができます。

 

ピリピリしない美白クリームで美白+保湿をしたいあなたはこちらの美白クリームを使ってみてください。

 

そんな方はコレ⇒???

出来てしまったシミやだんだん目立ってきたシミやくすみを消したい人はシミ消す効果が高いといわれているハイドロキノン配合の美白クリームを使用するのがおすすめ!消したいシミの部分だけを狙い撃ち!

 

 

顔に気になる目立つシミがあって早く消したい!と思っている方はこちらの美白クリームを使ってみてください。

 

そんな方はこれ⇒???

美白ケアをするなら美白クリームを使うだけだけじゃだめ!知らなきゃマズイメラニンのこと

若い頃の日焼けが実は・・・美白の大敵です!

子どもやティーンエイジャーは新陳代謝が活発で肌の生まれ変わりがスムーズに行われています。そのため日焼けをしても元の肌に戻るのが早いのです。

 

しかし10代後半から20代で日焼けをすると、40代前後でシミができてしまう原因のひとつになります。
肌が一度、大量の紫外線を浴びるとその記憶が細胞に残ってしまうといわれ、年を取って紫外線対策をしているにも関わらずメラニンを作り出す量が多い状態になってしまうといわれています。

 

また、紫外線対策をしないで日焼けをしてしまうと、肌のターンオーバーが乱れ蓄積されたメラニンが排出されにくい状態になってしまいます。
するとメラニンが肌の内部でどんどん増えてシミができてしまうのです。

 

一般的に25歳を過ぎたら紫外線による日焼け対策と美白ケアがすすめられるようですが、中高生から日焼け対策を行うことでシミの発生を減らすことができます。

 

メラニンを増やさない方法とは?

私たちの体内で発生する活性酸素は老化をすすめることで知られています。
活性酸素が発生するとチロシナーゼという酵素が作られます。
チロシナーゼはメラニン色素を作り出すので、効果的な美白を目指すなら活性酸素を除去しながらチロシナーゼの働きを抑えることが大切です。

 

人参やパプリカなどの緑黄色野菜に含まれるビタミンA、C、E、赤ワインや緑茶に含まれるポリフェノールは活性酸素を除去する抗酸化作用があります。
日ごろから積極的に摂るよう心がけましょう。

 

アルブチン、ビタミンC誘導体などの美白成分はチロシナーゼの働きをブロックし、メラニンの生成を抑えることができます。
年間を通して美白クリームなどによって美白ケアを続けることがメラニンを増やさないための秘訣です。

 

そして何より大切なのは紫外線をなるべく浴びないことです。
美白クリームや美白化粧水で毎日ケアしていても、肌が紫外線を浴びるのを防がなければメラニンはどんどん増え続けてしまいます。

 

日焼け止めは肌荒れする・・・という方でも肌にやさしい紫外線吸収剤フリーのUVカットがありますので、うっかり日焼けを防ぐためにも紫外線対策はきっちり行ってください。
SPFやPAは数値や+の数が多いほうが日焼け止めの効果は高いですが、普段使いならSPF25 PA+でも十分紫外線カットの効果は十分です。

 

美白クリームを塗った後は日焼け止めは必ず塗る!

毎日のスキンケアで美白クリームでケアしていても、外出するときは必ず日焼け止めを塗りましょう。
肌荒れしやすいからあまり塗りたくないという方は、SPF20 PA++の軽いものでもよいので、塗って外出しないと、メラニンが少なくなって白くなった肌には危険です。

 

そもそもSPF(Sun Protection Factor)というのはUVBというシミそばかす、皮膚ガンの原因となる紫外線B派を防ぐ「時間の長さ」を示す数値で、紫外線を防ぐ強さを示す数値でないのです。

 

SPFの数値は、日焼けしてしまうまでの時間を何倍に伸ばせるか?という数値なので、標準的に通常20分浴びると日焼けし始めるので、SPF20の場合は20分×20=400分まで時間を延ばせることになります。400分というと、6時間40分です。

 

SPF20であっても6時間以上日焼けを防げるということなので、普段使いの日焼け止めとしては十分な効果があると言えます。
ちなみに、SPFの数値が大きいほど肌に負担が大きいことも知っておいてください。

 

また、スポーツやアウトドアなどのレジャーで汗をかくと、日焼け止めも流れて落ちてしまいますので、こまめに塗りなおすことがとても大切です。
SPF数値の大きい日焼け止めを塗っても効果が無くなってしまうので、本来であればSPF数値の小さい肌に負担の少ない日焼け止めをこまめに塗りなおすほうが余程日焼け対策の効果があると言えます。

 

同様にPA(Protection Grade of UVA)は紫外線 A 波( UVA )を防ぐために目安になる表示です。
A波は、真皮にまで達して肌の奥のコラーゲンを壊してしまうなどの影響で、シワやたるみの原因につながります。
エイジングケアの大敵にもなりますので、A派を防ぐこともとて大切です。

 

PAの+表示は、色素沈着を起こしてしまうまでの時間を伸ばす目安の数値です。
こちらの表示は++++、+++、++、+と+の数が多いほどUVAを防ぐ効果が高くなります。

 

色素沈着が起こるまでの時間

PA+:2〜4倍
PA++:4〜8倍
PA+++:8〜16倍
PA++++:16倍以上

 

PAについては++以上あれば問題ないでしょう。
こちらも汗で流れてしまうので、塗りなおすことで効果を持続できます。

 

美白ケアは、美白化粧水や美白クリームだけではなく、そもそも日焼けしないための日焼け止めにも注目して、毎日ケアしていきましょう。

 

 

普段の食事にも気をつけて!

美白ケアを意識するなら普段の食事にも気をつけましょう。
ビタミンCは、メラニンの沈着を抑えシミの発生を防ぎ、できてしまったシミを濃くしない効果が期待できるため美白ビタミンと呼ばれています。

 

ビタミンCが多く含まれている食品はパプリカ、ブロッコリ、キウイ、イチゴなどがあります。
ただ、ビタミンCは体に溜めておくことができないので小まめな摂取がポイントになります。

 

美白サプリメントやビタミンCを配合した飲み物やキャンディーで補給しましょう。
ビタミンCの摂取量は美白のためには1日3,000mgと言われています。
ビタミンCはチーズなどに含まれるカルシウム、ナッツなどに豊富なマグネシウムを一緒に摂ると吸収力がアップします。

 

美白クリームランキングに戻る

 

  • 美白クリームは期待したい美白効果によって選ぶべき美白クリームは違います!

◎頬やコメカミにできてしまった今あるシミをピンポイントで消したい場合

 

今あるシミを消したいあなたはこちら

 

 

◎肌のトーンをアップして全体的に白くなりたい!顔全体や部分的に広い範囲がなんとなくくすんでいるような肌を美白したい!

 

肌全体を白く美白したいあなたはこちら!

 

 

PR:アンプルールの美白がおすすめ

更新履歴