シミ予防やシミ消しにビタミンCが安全で良い理由とは?

ビタミンCには、シミを作るメラニンの働きを活発にする活性酸素を除去する効果とできてしまったシミのメラニン色素を還元してシミを薄くする効果があります。
体には害のない成分としても知られている成分でとても安全性がたかく美白効果意外にもさまざまな美肌効果が知られいます。

 

紫外線、ストレス、激しいスポーツ、大気汚染などで私たちの体内で活性酸素が発生すると、体の酸化を防ごうとメラニンが活発に働くようになります。
そのため抗酸化作用が高いビタミンCがシミ予防に有効なのです。

 

また、メラニン色素を薄くする還元作用で少しずつシミが薄くなっていきます。
ビタミンCの還元作用が実感できるようになるまで、半年から数年かかるといます。
長期的にビタミンCの摂取を心がけましょう。

ビタミンCが良い!とは言ってもレモンパックはダメ!

美白効果が高いビタミンCですが、レモンパックはシミの原因になることがあるのでやめましょう。
レモンやオレンジなどの柑橘類に含まれているソラレンには光毒性があります。
紫外線に当たると湿疹や炎症の原因になり、色素沈着を起してシミが発生しやすくなるからです。
グレープフルーツ、ビターオレンジなど柑橘類の製油を使った化粧水やクリームにも注意しましょう。
また、紫外線の感受性を高めるため直接肌にレモンやレモン果汁と肌に乗せるパックの他、朝食にに柑橘類を食べるのも美白にはよくないといわれています。

ビタミンCは実は肌に浸透しない??

ビタミンCは水溶性で、熱に弱く水に溶けやすいという性質を持っています。そのため化粧品にビタミンCを配合しても肌につけるときににはすでに壊れていたり、肌そのもの油分やバリア機能にブロックされたりして肌にはほとんど浸透しません。

 

そこで開発されたのが、ビタミンC誘導体です。ビタミンCを安定した状態で保ち、肌に浸透しやすく改良したものです。
水溶性と油溶性の特徴を持つAPPSと呼ばれる進化型ビタミンC誘導体は高い浸透性で知られています。
化粧品メーカーによっては、ビタミンCを浸透させる技術を開発したりビタミンCの効果を高める成分を配合したりしています。

 

美白クリーム おすすめ